発見!虫歯のサイン

異常を感じたら早めに歯科を受診しましょう

むし歯は痛くなってから治療すると、痛みに耐えなければなりませんし、治療も大変になってしまいます。

そのため、むし歯はなるべく早期に見つけることが大切です。
むし歯のサインを早めに見つけ、自分で早期発見できるようにしておきましょう。

むし歯のセルフチェックをしてみましょう

■ 歯の色が変わっている

歯の色が白く濁っている、茶色や黒、グレーに変色しているところがある、というような場合、むし歯ができている可能性があります。

■ 穴が開いている

穴が開くのもむし歯の特徴です。でも、むし歯でも穴があかないケース、穴が見えないケースもありますので、油断は禁物です。

■ 歯と歯の間に食べ物が挟まる

歯と歯の境目からむし歯ができている場合、目ではほとんど見えませんが、その部分に穴が開き始めると、食べ物が挟まりやすくなります。

■ いつも同じところでフロスが引っかかる

フロス(糸ようじ)を通した時に、毎回フロスが引っかかったり、毛羽立つ場合、むし歯の穴があいている可能性があります。

■ しみる・痛い

甘いものがしみる、冷たいものがしみるというのはむし歯のサインです。こういった症状は知覚過敏で起こる場合もありますが、知覚過敏は数秒でしみるのがおさまるのに対し、むし歯の場合はしみるのが長く続く傾向があります。むし歯が進行してくると、次第に温かいものでもしみるようになり、しまいには何もしなくてもズキズキ痛みが出てきます。しみる症状があったら早めに診てもらいましょう。

■ 詰め物、被せ物に段差がある

つめ物やかぶせ物の下にもむし歯はできます。もしもつめ物、かぶせ物に段差が出てきた場合、むし歯ができている可能性があります。でも、段差ができないケースもあるため注意が必要です。