妊娠中のお母さんへ
~大切な赤ちゃんのためにも歯科検診を受けましょう

妊娠したら歯科検診を受けた方がいいのをご存知ですか?歯科治療は体にストレスがかかるので妊娠中は避けた方がいい、と思っている人もいるかもしれません。ですが、検診を受け、悪いところを治しておいた方がお腹の赤ちゃんのためにも良い、ということが近年ではさかんに言われるようになってきています。

妊娠中に歯周病を悪化させないため


妊娠中というのは、女性ホルモンによる影響や唾液の質の変化、そして食生活の変化やつわりによる歯磨き不足などにより、お口の環境が悪化し、歯周病にかかる人や悪化する人が増えます。妊娠中に歯周病が悪化すると、歯周病細菌が出す毒素が血管に入り込んで胎盤へたどり着き、早産や低体重児出産を招くことが最近わかってきました。このようなことを防ぐためには、妊娠中早めに歯科検診を受け、必要に応じて妊娠中に適切な治療を受けることが大事です。

妊娠中に痛いところを出さないため

妊娠中というのは上でも述べたように、お口の環境が悪くなりやすいため、虫歯が悪化しやすくなります。ですが、妊娠中というのは、体にストレスのかかる治療はなるべく避けなければならないので、妊娠中に虫歯が悪化してしまうと、なかなか治療ができず困ったことになる可能性があります。そのため、妊娠したら早めに検診を受け、虫歯を軽いうちに治しておくことが大切です。

出産前にお口の環境を改善しておくため

お母さんに虫歯が多いと、生まれてくる赤ちゃんにお母さんの虫歯菌がうつって、赤ちゃんが虫歯にかかりやすくなる恐れがあります。妊娠中にできる限り虫歯を治してお口の環境を改善しておくことで、赤ちゃんに虫歯菌をうつすリスクを減らすことができます。