あなたの骨は大丈夫?
歯周病による骨吸収について

歯周病は歯茎の病気とよく言われますが、実際は歯を支えている組織(歯茎、骨、歯根膜など)に起こる病気です。歯周病がなぜ歯を失う原因になっているのかというと、それは歯茎が悪くなるからではなく、歯を支えている骨がなくなってしまうからです。もともと歯茎から始まる歯周病でなぜ骨が溶けていってしまうのでしょうか?

なぜ歯周病で骨が溶ける?


歯周病はまず歯の周囲に溜まった歯垢(プラーク)が原因で歯茎が炎症を起こすところから始まります。歯茎の炎症は歯垢の正体である細菌に対する体の防御反応です。細菌がすぐに歯磨きなどで取り除かれれば、防御反応がおさまり、炎症は落ち着くのですが、歯磨きを怠ったり、磨き方が足りないと、炎症状態は続きます。そしてそのうち、炎症状態が延々と続くと、細菌から逃げようとして、自分の骨を溶かし始めてしまうのです。

骨にはもともと骨を作る細胞と、骨を壊す細胞の2種類がバランスを保って新陳代謝を繰り返しています。そのため、ふつうなら骨が破壊されても骨を作る細胞が骨を作り直してくれます。しかし、磨き残しが積もり積もると、なかなか排除できない細菌に対して体の免疫反応が働き続け、骨を作る細胞が骨を作るのが間に合わなくなり、骨が溶け続けるのだと考えられています。

なぜ歯周病で骨が溶かされても痛くない?


骨が溶かされるなんて、相当痛そうに感じますが、歯周病は実際、痛みをあまり感じることはありません。それが「静かなる病気」と言われるゆえんにもなっています。なぜ歯周病は痛みを感じないのか、その理由として、歯周病のほとんどが「慢性的な状態」になっているからということが挙げられます。炎症には急性のものと慢性のものがありますが、慢性的に続くものの場合、あまり痛みを感じにくいのです。