歯並びを甘く見ないで!
歯並びが将来の見た目や健康状態に影響する

海外の先進国では、なぜ積極的に子供のうちから歯の矯正治療をするのかご存知ですか?これは歯の見た目が重要視されている、という理由もありますが、子供の歯並びが将来の歯や体の健康状態に影響するのが広く知られているからでもあります。歯並びが及ぼす悪影響とはどんなものか見ていきましょう。

歯並びが悪いと・・・

子供の歯並びが悪いと、将来的に例えば次のような悪影響が出てくる恐れがあります。

歯を早く失う原因になる

歯並びが悪いと歯ブラシが行き届かなくなるため、むし歯や歯周病にかかりやすくなり、将来的に歯を早く失う原因になります。

顔の骨格の成長に影響する可能性がある

子供の歯並びの悪さが、あごの骨の成長に影響してしまうことがあります。例えば、あごの成長が不十分になったり、逆に成長しすぎたり、顔が歪んでしまうこともあります。

体の健康に悪影響を及ぼしやすくなる

歯並びが悪いと、あごの関節に影響を及ぼし、お口が開きにくい、あごが痛いというようなお口周辺のトラブルに加え、頭痛や肩こり、腰痛、めまい、耳鳴りなどのような不定愁訴が起こりやすくなります。また、うまくものがかめずに胃腸に負担がかかってしまう、丸飲み状態で早食いになってしまい肥満を招くなど、いろいろな体の不調が起こりやすくなります。

精神的に悪影響を及ぼすことがある

歯並びが悪いと、特に思春期以降に歯並びがコンプレックスになってしまうケースがあります。そのコンプレックスにより、自分に自信が持てなくなったり、引っ込み思案になってしまうなど、性格の形成に悪影響を及ぼすことがあります。また、むし歯や歯周病のトラブル、体の様々な不調から生涯を通じて精神的なストレスを多く抱えやすくなってしまいます。